Information

2017/9/28

スマホでインディゴのページが見れない方

先日インディゴチルドレンサポートのページを更新しましたが、PCとタブレットは大丈夫なのですが、スマホで見ている方が端っこの方が切れていてみれない、というお話を聞きました。
それで、とりあえずこちらに載せておきます。


インディゴチルドレンとは
この概念は、1970年代にアメリカの心理学者が言及したのが始まりです。
インディゴチルドレンとは、1975年以降に生まれてきた、光の強い子供たちのことです。
初期に生まれた方は、その前の世代の「バイオレット」という古い意識を持つ世代の影響を強く受けています。 1980年生まれ以降からは「ピュアインディゴ」と言うように、より強いインディゴとしての特性があります。その前の1975年以前にもインディゴは生まれて来ていますが、それはインディゴチルドレンが大挙して生まれてくる前の準備をするという、パイオニア(開拓者)の役割を持っています。また、クリスタルチルドレン・レインボーチルドレンは生まれた時期によるという観方もありますが、インディゴチルドレンという概念の中の進化した姿であり、また個性の一つでもあると私は考えています。

新しい社会を築くために
1975年以降に生まれたインディゴチルドレンが大人になって来たころ、地球は大きなターニングポイントに差し掛かりました。それが2012年12月のアセンションと言われるものです。その大きなミッションを果たすために生まれてきたのがインディゴチルドレンです。それは銀河系全体のミッションでもあり、これまでの長い地球の歴史、人類の歴史を大きく変化させるものです。宇宙エネルギーの流れが真逆になると言われていて、地球も第三密度から第四密度、さらに第五密度へと移行していきます。そのアセンションは一朝一夕で起こるのではなく、長い年月をかけて変化していくもので、インディゴチルドレンの優れた叡智を結集して長期間に渡って行うグループワークでもあるのです。

■魂の質
インディゴチルドレンは新しい時代を創るソウルグループの総称です。最初に生まれてきたインディゴという古い意識を破壊する役割を担います。それがある程度済むと、今度はクリスタルという生き方に移行します。クリスタルには前期と後期があり、前期は破壊したことによって傷ついた自分を癒すことをします。癒しが落ち着いた後は、自分とはいったい何者か、何をするために生まれてきたのかを探究することを始めていくというクリスタル後期に進みます。そうして、その後のレインボーという自由と喜びで生きるステージに移行していきます。

インディゴチルドレンの目的と使命
インディゴチルドレンの特徴
一般的に言われていることの他に、私が実際に面談した方々の特徴を書いてみます。
〇生きにくい。親でさえも自分の本当のところは理解されないと思っている。
〇人の気持ちが分かる。あるいは人がとても怖い。
〇コントロールされることを嫌い、圧力に対して敏感である。
〇間違っていることに対し反発し、一人でもそれに対し対抗しようとする。
〇自分の本心と実際の行動が矛盾している。(例:甘えたいのに強がってしまうなど)
〇人間よりも動植物の方が好き。自然の中に行くとホッとする。
〇基本一人でいるのが好き。でも孤独であることはつらい。
〇音に敏感、あるいは匂いに敏感である。
〇お金や地位名誉にあまり執着がない。そこそこ不自由なく暮らせればいい。むしろ関係性に縛られる方がいや。
〇学校での勉強は苦手だったが、社会に出て自分の好きなことなら楽しく学べる。
〇歌、楽器、踊り、絵、もの作りなどで表現することが好き。
〇親(生まれた家・地方)や既成の会社ではない、自分の魂の喜ぶ生き方を見つけたいと思っている。

インディゴチルドレンの目的と使命
たくさんのインディゴチルドレンと面談してきてわかったことがあります。
これまでの価値感は、目に見えるもの、形あるものから自分の欲しいものを選ぶ、または作るでした。だから、学校での勉強をしっかりしなければならなかったし、嫌なことも我慢しなければなりませんでした。間違っていると思うことも、大人がそうしなさいと言えば、従わざるを得なかったのです。仕事では、安定したところで長く勤めなければなりませんでした。これまでの時代では、そうすることが失敗の少ない無難な生き方であるから、大人は良かれと思ってそう言うのです。ある意味大人の心配を避けるために従うということだったのです。でも、インディゴたちは知っています。自分の中に羅針盤のようなものがあり、それに従って生きることで自分らしく生きられることを。それは
〇物質的なものからは真の喜びは得られないこと。
〇自分の心からの喜びに従って生きることが大切であるということ。
〇何者かになる、人に認められるために生きるのではなく、ただ生きているだけ存在しているだけでいいということ。
〇男だから、女だからこう生きなければならないではなく、その人の自由意思で生き方を選んでいいこと。
もしこれらに対し違和感を感じるとしたら、それはあなたがまだ自分の本質に気づいていないからかもしれません。

インディゴチルドレンの求める愛について
これまでは、親子間の愛、恋人・夫婦間の愛が最も大事なもの、とされてきました。また、全体主義といって、国家、家制度を大切にし、個を犠牲にすることもありました。人々はそれを真摯に求め、守り、継続してきました。確かに重要なことですが、それによって不自由な生き方を強いられてきたことも過去にはありました。インディゴチルドレンが求め、創っていく愛は、もっと大きな地球規模、宇宙規模のものです。生きとし生けるものすべてが幸せであるように、平和の中に自分の幸せがあるというように考えます。そしてそれは目に見える誰が見てもわかるものではなく、ハートを開いて感じることでしかわからないもの、通じないもの、どんなに美しい言葉を使っても、心に響かなければそれは愛ではない、というものです。また、人類みんなが親子、兄弟とでも言うかのように、心のつながりを求め「他人と家族になる」ということを使命として生きていきます。そうすると、もちろん自分にふさわしいパートナーや、自分を選んでくれたより光の強い子供と出会えるでしょう。そうして家族という単位でまとまり慈しみ合うことで、光が全体に広がっていき地上に楽園を創るのです。

自由と喜び"
あなたがインディゴチルドレンとして生きていくと決めたら、自分らしい自由な生き方を求めていってください。そしてそこに喜びが伴うように、心から愛しいと感じるもの、慈しめるものを選び取ることをしてください。それに対して恐れが出てくるなら、それを手放してください。

個性と調和
インディゴチルドレンの個性
インディゴと言ってもすべての人が同じではなく、いくつかのタイプがあります。まるで戦士のように間違っていることを正そうとするタイプ、初めはお母さんから始まって、人々を癒し愛と調和に導こうとするタイプなど様々です。(詳しくは二冊の著書、特に「繊細で敏感な女神たちへ」に記しています。)

ワンネス…みんなつながっている
インディゴチルドレンはソウルグループの総称である、と私は考えています。そのグループは集合意識でつながっていて、目には見えませんがみんなで大きな輪になって手をつないでいる、というイメージがあります。生まれる時には魂の兄弟として、いっせーのせ、と手をつないだまま地球に降りて来て、それぞれの選んだ親の元に生まれます。その後は、やはり無意識でつながり続け、お互いを励まし合い、目覚めを促しあい、共に歩んでいきます。大人になった人の中には生まれた時からのダメージが大きくて、まだ目覚めることが困難な方もいると思います。でも、先に目覚めて自分の生き方を模索し始めた人が、手をつないでそばにいると思ってみてください。そう思うだけで仲間のパワーが届きます。

ライトワーカーとして生きる
ライトワーカーとは、魂の力を使って、地球全体や人類のためにお仕事をすることで、必ずしも収入が伴うものではありません。何かに所属して行うものでもありません。自分でも気づかないうちに、自然とそれを行っていることもあり、スピリチュアルを特に意識していない人でもライトワーカーはいます。どうしてそういう生き方をするのかというと、そういう風にできているからとしか言えません。全体のため(自分だけの利益、地位名誉を目的にしないこと)に自分の魂の力を使うことで、生き生きと輝いて生きることができるでしょう。

インディゴチルドレンが目覚めるために

古い価値観を手放し、能力を開花させる
古い世代から受け継いでいる価値観や生き方が、自分の思考のどこに組み込まれていて、現在の問題にどう影響を及ぼしているのか。それを見つけて分離し、そして手放していく(光に還していく)のが、覚醒への一番の近道のようです。それはインナーチャイルドの癒し、過去生の癒し、そして場合によっては両親を含む先祖のカルマの癒しも有効な方法です。
また、持っている能力を開花させるために、能力開発が必要な場合があります。それは特にサイキック能力に限らず、例えば愛を感じるためのハートチャクラの活性化などもそうです。チャクラはすべてのチャクラがバランスよく開いていることが重要です。ハイヤーセルフ(高次の自分自身)とのつながりも、これからは特に必要です。

男性性と女性性の統合
上に宇宙エネルギーの流れが真逆になった、と書きましたが、それは男性性による進んで獲得しようとする動きではなく、受容的である女性性のエネルギーが優位になるということです。男性の中にも女性性はあります。最近の男性の中には、自分から進んで何かを獲得しようとする攻撃的な生き方ではなく、もっと平和に物事を進めたいと思う方が増えてきています。そういう方は自身の中の女性性をどう扱うかに困難を感じています。また、女性も自由な生き方を選択してきたことにより自身の女性性をどう表現するかを模索しています。そこで自分の中の男性性と女性性を整理して、理解してから統合することを推奨します。また、女神として生きることもこれからの新しい生き方です。

パイオニアインディゴとしての私
古い体制を変え、新しい変化を迎えるために生まれてきた子供たちがインディゴチルドレンです。
この地球で社会に適応しにくい彼らをサポートし、「基礎固め」をするために一足先に到着した魂が「パイオニアインディゴ」です。

私も年をとっていますが、パイオニアインディゴであり、スターピープルでもあります。
そしてエネルギーの進化した星といわれている、アンドロメダのソウルです。

これまでトレーニングをしてきて、アンドロメダの存在とのつながりを強化し、インディゴソウルの癒し、目覚め、能力の開発のための特殊なエネルギーを使う許可を得ることができました。日々の修養と研究により現在はさらに進化しています。
インディゴソウルを癒し、目覚めを促すには、やはり同じインディゴソウルであり、インディゴエネルギーを持つヒーラーによることが大事なことです。

インディゴチルドレンのための覚醒と能力開発ヒーリング
浄化、癒し、覚醒、能力開発を行います。対面でも遠隔でも行います。
遠隔の場合、電話による事前・事後のカウンセリングと遠隔ヒーリング・リーディングを行います。
回数をどれくらいやったらいいのか、とよく聞かれますが、人によっては一度で目覚めますし、深いトラウマなどや古い世代からの影響を強く受けている方は、少し間をおいて数回お受けいただくといいようです。
時代は刻々と変化しています。特に30歳から33歳くらいの方の目覚めが著しいようです。

ヒーリングの内容
ネガティブな魂の記憶の書き換え、カルマ解除
オーラの浄化
プロテクション、霊的アタックの浄化
不要なデバイスの除去、天使の羽・装置の設置、メンテナンス

能力開発(例:女性性のエネルギー、自分を愛するエネルギー、サイキック能力など)
DNAの活性化

効果という言い方はできないのですが、すぐにその場で自覚できることは起こらないかもしれません。
その方の光が増し、インディゴとしての誇りが復活し、いくべき方向に進みやすくなります。
その過程で起こることはすべて、進化成長に必要なことです。

料金
対面・遠隔ともに120分・・・20,000円(税込)
また、スターピープルと呼ばれる方は、年齢を問わず、ご本人が「絶対そうだ!」と自覚されている場合は受けられます。
天使系じゃないか?という方も羽のメンテナンスをします。

最後に
私の使命であるインディゴサポート。インディゴの方とはこれまでたくさん出会いました。
最初は自分の生き方が見つからず試行錯誤ですが、ご自分の光を見つけ輝き始めると、それは素晴らしい天才性を発揮します。
そのお手伝いをさせていただきたいと思っています。
インディゴサポートに関するブログです。インディゴ関連の記事をぜひお読みください。
私が日常的に更新しているブログにも記事があります。⇒href="//ameblo.jp/moon-serenade-1101/theme-10016876042.html"
愛の泉ブログ
www3.hp-ez.com/img/ainoizumi/img_20170523-033630.jpg


最近の記事一覧

【キャンセルについて】
サービス提供日の3日前までにお知らせください。
詳しくはこちら>>