エンパスサポート

2017年9月17日 4時56分48秒 (Sun)

エンパス(HSP)性を活かすためには

さて、先の記事のあんな感じで
自分の機嫌の方に気持ちを向けていくのですが
そうすると、元気の気が溜まって行くわけです。
生命エネルギーですね。

それまではこの貴重な生命エネルギーをよそ様のため、それも
真に自分が差し出したくない相手に、自動的に差し出していたわけです。
その生命エネルギーが溜まってきたら、今度は、自分の感性を磨いていきます。
好きな本を読んだり、好きな映画・音楽・DVD等々見たり聴いたりして楽しみます。
私のように好きなところに行ったりというのもアリです。
もっと元気になって来ると、今度は表現もしていきます。

感性を磨くと、より敏感になります。
自分が何が好きで、何が好きじゃないかがよりはっきりしてきます。
だから、好きじゃないものには、思い切ってはっきりと、ノーと言うのですが

感性を磨くと同時に行っていくことが必要なのが、精神性を鍛えるというか
強くたくましくなるというか、スルースキルを身に着ける、鈍感力をつける
なんても言うかもしれません。

それは、昨日書いた、「あら、機嫌が悪いんですね、さようならー」
みたいなのがそうなんですけど

動じない心、感情を揺すぶられない強さ、とでも言いましょうか。
これなんですよ〜。

あとは、どんな時も自分を信じるってことですかね〜。
先に、信念を持つことも大事でしょうか。
その信念があれば、多少の揺さぶりには動じない
または、動じてもすぐに復活できます。

ここがある程度完成してきたら
次のステージの扉が開くのだと思います。

最近の記事一覧

【キャンセルについて】
サービス提供日の3日前までにお知らせください。
詳しくはこちら>>